浮気相手 慰謝料請求

浮気相手に慰謝料請求する時に、最初にする必要があること。

友達と飲んでいると必ず話題になるのは、彼氏や彼女、夫や妻の浮気です。

 

今の世の中、スマホやSNSなどがあるので連絡も取りやすいですし、
浮気がやりやすい環境が揃っています。

 

街中には、浮気しやすいスポットも昔より充実していますしね。。

 

パートナーが浮気をしていることに気づいたときにやりがちなのは、
証拠が不十分な状態で問い詰めてしまって、否定されたり、開き直られたりすることです。

 

そうなってしまうと、慰謝料請求などをすることができなくなるので、
イラッとしても安易に証拠を突き付けたりするのはやめたほうが良いかもしれないです。

 

そこから警戒してしまって証拠集めも難しくなるかもしれないので、
まずは、しっかりとした証拠を集めることが大事です!

 

 

読んでいる方も経験があると思うのですが、とりあえず浮気を詰められた場合、否定するのが人間の性です(笑)

 

否定された時に、ぐうの音も出ない証拠があればよいのですが、浮気や不倫をする人は大抵色々と言い訳を考えているので、言い逃れされる可能性が高いです。

 

 

実はSNSやメールだけでは浮気の証拠にならない。

 

フェイスブックやLINEなどのSNSのやり取りがあれば、裁判とかでも証拠に使えるでしょと思っている方が多いのですが、これは、「浮気の疑惑」ではあるものの浮気を断定する証拠にはならないそうです・・・。

 

将来的に裁判をして浮気相手に慰謝料請求するにせよ、とりあえず、浮気を追及するにせよまずは言い逃れされないためにしっかりした物的な証拠集めておく必要があると思います。

 


裁判にも使える証拠集めはやはり探偵に依頼しよう!

浮気相手慰謝料請求で大事なのはやはり証拠です。
裁判で有効だと認められる証拠集めはやはり裁判の証拠集めの経験が豊富な探偵に依頼するのが一番確実だと思います。

 

尾行したり写真撮ったりするのも時間もかかりますし、もし失敗して警戒されたら浮気が証明できなくなりましね・・。

 

 

ただ、探偵事務所も、質の悪い所もあるらしいので、ちゃんとした信頼できるところを
選ぶのは大事です。色々比較してみた所、私が一番良いと思うのは「原一探偵事務所」という所です。

 

 

原一探偵事務所

 


全国に探偵はたくさんあるのですが、探偵社の規模や長くやっているかなどの信頼性、
調査報告書の質の高さから原市探偵事務所が一番無難で信頼できると思いました。

 

原一探偵事務所特徴

・調査実績43年、10万件以上の実績あり。
・TBSテレビ「逢いたい」等の番組協力など実力がある。
・調査報告書の質が高い。

 

例えば、こんな感じに(↓)は、証拠ファイルがあがってくるので浮気相手慰謝料請求の証拠能力が高いです。

 

・全国18か所に拠点があるので、地方に出かけて浮気されても追跡できる。
・県庁のHPにも探偵としては唯一掲載されている。

 

弁護士事務所とも提携しているので、浮気が確定した時はスムーズに裁判へ移行。
相談、見積もりは無料。見積もり後の経費の水増し等はなし。
 (探偵に相談すると、意外にあるのは調査後の費用の追加なので安心です)

 

 

公式ページには、警察OBや元法務大臣の推薦文が書いてあるので一度見てみるとよいと思いますよ。

 

>>原一探偵事務所の公式ページはこちらから

 

色々な探偵社の見積もりを取りたいという方へ

 

探偵に相談しようかな?と思っても、やはりいくつかの探偵社に見積もりを出してもらい比較したいと思う方は多いと思います。

 

 

そうはいっても、浮気とか不倫の話を5社も6社も相談するというのもかなり面倒です。。

 

なので、、中古車査定とか、引越しの一括見積みたいなサービスがないかなと探してみたら、
街角相談事務所という、探偵の一括見積サービスを見つけました。

 

 

街角相談事務所

 

街角相談事務所は、アドバイザーに相談すれば、アドバイザーが提携先の100社の探偵社から最適の探偵を選んで紹介してくれます。

 

普通に依頼するよりも20%〜40%オフになるのでかなりお得だと思います。

 

提携先は100社程度で、すべて、厳しい5つの基準をクリアしているので安心できると思いますよ。

 

厳しい5つの基準

  1. 警察署公安委員会への届け出
  2. 過去一度も行政処分を受けていない、
  3. キャリア3〜5年以上の調査員、
  4. 弁護士事務所との提携、
  5. 裁判で使える調査報告書の作成能力

 

見積もりはオンラインでこんな感じに出てきますよ。

 

 

 

 

匿名&無料で相談できるので気になる方は一度チェックしてみてください。

 

 

>>>街角相談事務所の公式ページはこちらから

 

ガチで浮気相手に慰謝料請求する手順について

浮気相手に慰謝料請求する手順について書いてみます

 

浮気相手がいることが発覚しても手続きや書庫集めなどがめんどくさいので、大抵のカップルや夫婦は、

 

浮気発覚→問い詰める→修羅場(笑)→相手謝る→許してあげる。

 

という感じですが、浮気や不倫の期間が長かったり、「それ許せんやろ!」という場合もあります。。

 

そういう時のためにガチな浮気相手慰謝料請求のやり方も知っておいた方が良いと思うので
一応書いておきます。

 

ちなみに、浮気の慰謝料の相場は、100万円〜300万円程度とか、50万〜300万程度と
言われています。

 

高いような安いような気もしますがまぁこれくらいですね。

 

浮気の慰謝料や請求する手続きはこんな感じです。

 

 

浮気された場合にはパートナー相手と浮気相手に対して慰謝料を請求する事ができますが、請求するためにはいくつか決めておかなければいけないことや手続きがあります。その中でも重要なのが「離婚をするのかどうか」を決めることで、もちろん離婚しなくても慰謝料は請求する事ができます。ですが離婚せずに請求するとなると色々な悔恨を残してしまうので、請求するのであれば離婚をする覚悟を持って行うと言う心構えが大切になるんです。

 

その上で慰謝料を請求する手続きを踏むのですが、手続きと言っても事務的なものではなくてパートナーの浮気を確定させて証拠を集めるというところから始めます。場合によっては浮気と認定されずに請求しても認められない場合がありますし、証拠がなければ慰謝料を求める事も難しくなっているのでこの手続きは絶対にしておく必要があります。

 

そうして浮気している事が確定して慰謝料を求める事ができると弁護士などが判断してくれれば、そこでようやく方針を決めて書面もしくは電話で相手に慰謝料を求めると言う流れになります。

 

ちなみに手続きに関しては弁護士を介さずに当人同士で行うこともできますが、当人同士だと揉めてしまったり朝廷や裁判に発展する可能性も高いので弁護士を介して手続きをお願いする方がスムーズにできるのでオススメです。

 

 

慰謝料請求の種類、やりかた、方法

 

「慰謝料をよこせ!」という場合は、2つの方法があります。

 

 

@協議

 

相手側と話し合って、書面などを交わして示談する感じです。双方落ち着いて話し合えればこれもよいと思います。

 

 

A訴訟

 

協議してもダメだった・・・とか、話がこじれたという場合は裁判になります。

 

これもいきなり訴えるわけではなく、まずは、「内容証明郵便」というものを送り、
相手に、浮気の慰謝料を払ってくださいと連絡して、様子を見てみる感じです。

 

この辺の、手続きは素人では、難しいので、弁護士とか法律に詳しい人に聞いた方が良いと思います。

 

 

ページの上で紹介している探偵の場合、

 

探偵に依頼する→クロ(浮気確定)→提携の弁護士を紹介してもらう→協議or訴訟

 

という流れがスムーズに進むので、スピード的には速いと思います。
証拠がしっかり固まっているので、ほぼ勝てますしね(^^)

 

 

証拠集めに費用が掛かるのも嫌だと自分で証拠を集めるのもよいのですが、

 

この場合、
証拠をもって弁護士の所に行く→証拠不十分なのでもっと集めてくださいまたは、探偵を使ってくださいといわれる→探偵に依頼→弁護士に依頼

 

と2度手間3度手間になってしまうので、探偵に相談する方が早いですね。

 

探偵費用が高いのが不安という方も多いと思うのですが、事前に見積書をきちんと出す所を選ぶこと、追加費用の扱いがはっきりしてある所を選ぶことが選ぶポイントになります。

 

このサイトで紹介してある探偵事務所はクリアしているので一度相談してみるとよいかもしれないですよ。

 

>>>信用できる探偵事務所の一括見積りはこちらです